公共債

商品概要

公共債は、国や地方公共団体が発行する信用度が高い債券です。

公共債には、元本割れとなるリスクがあります。お取引の際にはこちらをお読みください。

公共債のご注意いただく事項

公共債について

公共債の特徴

1.信用度が高い
 日本国政府や地方公共団体が発行するので、信用度が高い債券です。

2.少額から始められる
 利付国債は5万円単位、個人向け国債は1万円単位で購入できます。

3.金利が選択できる
 固定金利・変動金利から選択できます。 (個人向け国債のみ)

公共債にかかる費用等

公共債を募集等により購入する場合は、購入対価のみをお支払いいただきます(お預かりする際の口座管理手数料は無料です)。個人向け国債を中途換金する際は、中途換金調整額が売却される額面金額に経過利子を加えた金額より差し引かれることとなります。

公共債にかかる税金

個人のお客さまに対する公共債の利子所得については、源泉分離課税20.315%(国税15.315%、地方税5%)が適用されます。
身体障害者手帳の交付を受けている方や寡婦年金を受給されている方等はマル優、特別マル優扱いで合計額面700万円までは利息に税金がかかりません。

※国債等公共債は券面が発行されず(ペーパーレス)、お客さまにご開設いただいた口座への記録によってお取引きを行います。券面は紛失する心配はありません。初めて国債などをご購入される場合は、口座を開設していただく必要があります。お利息や満期償還金はご指定預金口座に自動的に振込まれますので手間がかかりません。
ご購入は、募集期間中に窓口で承ります。ホクギンでは債券口座管理手数料は無料です。

利付国債へリンク 個人向け国債へリンク 地方債へリンク

詳しくはホクギンの窓口またはホクギンハローセンター

0120-86-8922(フリーダイヤル ハローホクエツ)

受付時間/ 9:00~17:00(ただし銀行休業日を除く)

このページの先頭へ