投資信託

投資信託って何?

投資信託とは?

投資信託とは、たくさんのお客さまから集めた資金をひとつにまとめて、運用の専門家である投信会社が国内外の債券、株式、リート(不動産投資信託)などの資産に投資を行い、その運用成果を投資家に分配する仕組みの金融商品です。投資信託の基準価額は運用状況によって日々変動し、運用による損益は投資家に帰属します。

投資信託の特徴

  • 小口からの投資が可能

    一人で株式や債券を購入する場合、大きな資金が必要となりますが、投資信託はお客さまから集めた資金をまとめて運用するため、小口の資金1万円から購入することができます。定時定額購入サービスでは毎月5千円から購入可能です。

  • 手軽に分散投資

    投資信託は、複数の資産を組み合わせて投資を行っていることから、単一銘柄への投資と比較して価格変動等のリスクを低く抑えることができます。例えば、組み入れている資産の1つが大きく値下がりしても、他の資産によってその分をカバーできる可能性があります。

  • 専門家に運用をおまかせ

    個人で実施するには難しい情報収集や市場分析を運用の専門家(委託会社)が行い、株式や債券などの投資先を選んだり、入れ替えを行いながら専門的ノウハウを駆使して運用しています。

  • 充実の商品ラインナップ

    当行では、「国内・海外債券型」「国内・海外株式型」「不動産投信型」「複合資産型(国内外の複数の資産を組み合わせた投資信託)」など様々なタイプの投資信託を取扱っておりますので、お客さまの「投資目的」や「許容できるリスク」に応じて商品をお選びいただけます。

投資信託の仕組み

投資信託の仕組み
<投資信託の仕組み>
お客さまは銀行(販売会社)に申込金を払込み、その資金は投信委託会社を通じて信託銀行で分別管理されます。信託銀行は投信委託会社の運用指図に基づき投資を行います。運用成果は投信委託会社が分配方針に基づきお客さまに分配します。
<投資信託保護の仕組み>
販売会社や投信委託会社および信託銀行が破たんしても、信託財産を保管・管理している信託銀行は、信託銀行自身の財産と分別管理することが法律上義務づけられており、お客さまの財産は保護されます。

投資信託と預金の違い

  投資信託 定期預金
元本保証について 元本の保証はありません。
投資している株式や債券などの値動きや為替の変動などによって投資元本を割り込むことがあります。
預金保険制度の範囲内で元本は保証されます。
預金保険制度の適用 預金保険の対象となりません。 預金保険の対象となります。
分配金と利息について 分配金は、各ファンドの分配方針をもとに投信委託会社が決定しており、基準価額や運用状況等に応じて分配金の水準は適宜見直されます。このため、分配金が増減することや、支払われない場合もあります。 利息は、満期日に、あらかじめ決められた利率に基づいて受け取れます。
手数料・費用 購入時・解約時に手数料や費用が必要なものがあります。また、保有期間中には、運用管理費用(信託報酬)などが信託財産より差し引かれます。 手数料・費用はかかりません。

詳しくはホクギンの窓口またはホクギンハローセンター

0120-86-8922(フリーダイヤル ハローホクエツ)

受付時間/ 9:00~17:00(ただし銀行休業日を除く)

必ずお読みください。

投資信託ご購入にあたっての注意事項

  • 投資信託は預金・金融債・保険契約ではありません。
  • 投資信託は預金保険・保険契約者機構の対象ではありません。
  • 投資信託は元本および収益分配金の保証はありません。
  • 当行は投資信託の販売会社であり、投資信託の設定および運用は各運用会社(投資信託委託会社)が行います。
  • 当行でご購入いただく投資信託は投資者保護基金の規定による支払いの対象ではありません。
  • 投資信託の運用により生じた利益および損失は、投資信託を購入されたお客さま(受益者)に帰属します。
  • 投資信託の信託財産に組み入れた株式・債券などの価格変動や金利・為替相場の変動などにより、基準価額が下落して投資元本を割り込むことがあります。
  • 投資信託の信託財産に組み入れた株式・債券の発行者の信用状況などの変化により、基準価額が下落して投資元本を割り込むことがあります。
  • 投資信託には、換金可能日に制限があるものや換金時に手数料・信託財産留保額が控除されるものがあります。
  • 申込みにあたっては、最新の投資信託説明書(目論見書)・契約締結前交付書面等をお渡ししますので必ずお読みいただき内容を十分にご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
    ※当行の本支店窓口にご用意しております。
  • 投資信託を購入するときには、お申込み手数料がかかります。また、信託期間中にかかる費用としては信託報酬があり、これは信託財産の純資産総額をもとに、あらかじめ決められた料率で算出され、信託財産から差し引かれます。
    ※お申込手数料、信託報酬には消費税がかかります。
このページの先頭へ