資産運用パック 夢アセット10・30・50・70

投資信託のしくみ

お客さまからお預かりした資金をひとつにまとめ、投資の専門家が国内外の複数の株式や債券などに分散投資して運用する仕組みになっています。

投資信託のイメージ図
①お申込み 銀行や証券会社が販売会社となり、②の投資信託委託会社が「設定」した投資委託のお申込み(または換金)を受け付けます。(投資信託委託会社が直接販売している場合もあります。)
なお、投資信託のお取引では預金のような「通帳」は発行されず、購入・換金・償還や分配金の支払の都度、「取引報告書」等の各種報告書・通知書が発行されます。
②設定・運用 「設定」した投資信託を投資信託委託会社が「運用」します。
③信託財産の保管・管理 お客さまが「お申込み」になった資金等を信託銀行が「保管・管理」します。
④分配金・償還金等の支払い 収益分配金やファンドの償還金および解約・買取により換金した資金の支払いを販売会社(北越銀行)が行います。

北越銀行
投資信託を販売しております。

投資信託委託会社
お客さまからお預りした資産を運用します。

信託銀行
お客さまからお預りした資産を保管・管理します。

●投資信託の資産は受託銀行で分別保管されるため、万一、販売会社等が破綻した場合でも信託財産は保全されます。(ファンドの基準価額(時価)が保証されるわけではありません。)

※投資信託は、株式や債券などで運用する金融商品です。投資した結果の収益(損失)は、お客さまに帰属します。

※投資信託は、販売、運用、管理・保管をそれぞれ専門の機関が行い、より厳正で適正かつ効率的な運営を行っております。

このページの先頭へ