eネットバンキング

こんなときには

Q1.初期設定時に初回ログインパスワード、初回確認用パスワードを紛失してしまった。
ログインID・ログインパスワード・確認用パスワードを忘れてしまった。複数回誤ってしまったためにサービスが停止となってしまった。

不正防止の観点からキャッシュカードの暗証番号と同様にパスワード類をお教えすることはできません。
恐れ入りますが、解約・新規のお手続きをいただきますようお願い申し上げます。 なお、解約・新規のお手続きに必要なeネットバンキングの利用申込書は、メールオーダーサービスから請求することができます。

Q2.1日20万円を超える振込・振替取引を行いたい。

平成29年4月17日(月)以降お取引金額にかかわらず、お振込・お振替等にはワンタイムパスワードによるログインが必要となります。
 こちら のお知らせをご覧ください。

平成28年12月19日からワンタイムパスワードを未利用のお客さまの振込・振替限度額の引下げを実施いたしました。お持ちのスマートフォン・携帯電話でワンタイムパスワードアプリをインストールいただき、必要な限度額をご設定ください。
 ワンタイムパスワードの設定方法は こちら
 振込・振替限度額の変更方法は こちら
 ※引上げ後の限度額は翌日からの適用となります。

Q3.振込・振替取引を利用したいが、ワンタイムパスワードをインストールできるスマートフォン・携帯電話がない。

平成29年1月16日(月)からメールオーダーサービスからトークン利用申込書を請求いただき、ご記入のうえご返送いただくことでワンタイムパスワード生成機(トークン)をご利用いただけます。平成29年3月下旬からご利用いただける予定です。
ハードウェアトークンの申込書は こちら をご覧のうえ、 メールオーダーサービス からご請求ください。
トークン画像

Q4.ワンタイムパスワードアプリをインストールしている携帯電話・スマートフォンの機種変更を行ったらeネットバンキングが利用できなくなった。

ワンタイムパスワードアプリをインストールしている携帯電話・スマートフォンの機種変更を行う場合には、事前にeネットバンキングの画面上でワンタイムパスワードの利用を解除する必要があります。
事前の解除をしていなかった場合には、以下の「ワンタイムパスワード利用解除依頼書」をお取引の店舗までお届出ください。

Q5.振込手続を何度か中断していたら、振込先口座の存在確認機能が停止となってしまった。

不正利用防止の観点から振込手続を連続して一定回数中断した場合、振込先口座の存在確認機能を停止させていただいております。
振込先口座の存在確認機能の停止を解除したい場合には、以下の「入金口座確認機能閉塞解除依頼書」をお取引の店舗までお届出ください。

Q6.利用可能端末設定で誤って使用しているメディアを「利用不可」としてしまい、eネットバンキングが利用できなくなってしまった。

以下の「利用可能端末設定変更依頼書」で当該のメディアの設定を「利用する」でご記入のうえ、お取引の店舗までお届出ください。

Q7.「お客様のメールアドレスは現在無効です。」と表示され、サービスが利用できなくなった。

以下の「メール通知パスワード機能初期化依頼書」をお取引の店舗までお届出ください。
お届出の翌日メールアドレスの再設定が可能な状態となりますので、以下の「メール通知パスワードの再設定方法」をご参考に正しいメールアドレスを登録して下さい。

Q8.リスクベース認証の「合い言葉」(秘密の質問の答え)を忘れてしまいサービスが利用できなくなった。

以下の「リスクベース認証機能初期化依頼書」をお取引の店舗までお届出ください。
お届出の翌日以降、eネットバンキングにログインいただくと「秘密の質問」と「合い言葉(答え)」の再設定画面が表示されますので、再設定をいただくことでご利用を再開することができます。

eネットバンキングサポートセンター

フリーダイヤル 0120-39-6185

受付時間

平日 9:00~24:00/土日祝日:9:00~17:00(12月31日~1月3日、5月3日~5月5日を除く)

お客さまとの通話は、電話対応の品質向上・お問い合わせ内容の確認等のため、録音させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ