ニュースリリース

2015年3月2日

地方創生における「地域産業の競争力強化」への取組みについてお知らせ

 株式会社北越銀行(取締役頭取 荒城 哲)は、平成26年10月に長岡市との間に地域密着型包括連携協定を締結し、それをきっかけに、総務省の地域経済循環創造事業交付金に2事業が採択されましたのでお知らせいたします。
 この交付金は、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げられている「地域産業の競争力強化」における「ローカル10,000プロジェクト」の推進を支援するもので、地域金融機関との連携が採択の成否に直結するものです。

 当行では、今後も地方創生に積極的に関与することで地域経済の活性化に貢献して参ります。

  1. 総務省地域経済循環創造事業交付金

     地方創生の実現に向け、産学金官で地域ラウンドテーブルを構築し、地域の資源と地域の資金を活用して、事業を起こし雇用を生み出すモデルを支援するもので、起業時に必要となる初期投資費用の「あと一歩」を補助するものです。

  2. 採択された事業について
    事業者 株式会社クリーンリード
    (株式会社丸共の子会社)
    株式会社FARM8(ファームエイト)
    (有限会社寿々瀧の子会社)
    代表者 代表取締役 林 隆生 代表取締役 鈴木 将
    事業名 枝葉の焼却により発生する熱源と電気を利用した完全管理型の野菜水耕栽培事業 規格外野菜等の未利用廃棄食材の再加工による年間食材利活用事業
    事業 収集した枝葉を原料として、枝葉の焼却によりバイナリー発電を実施。廃熱・電気を利用して、完全管理型の水耕栽培等により野菜を栽培する。中山間地域・過疎地域において、住民、障害者雇用を行うことで、地域の新しい事業モデルの構築を行う。 規格外で流通に乗りづらい地元産の未利用野菜を活用し、旬の食材を食べる習慣を伸展させることを目的に、ディップソースの開発を行う。農業者の年間の安定収入や子育て主婦層の新たな雇用を創出するとともに、長岡から食文化の創造を実施する。
    申請額 15,000千円 9,500千円
    金融機関 ともに当行で新規融資予定
以上
【お問い合わせ先】
  株式会社 北越銀行
  コンサルティング営業部
  コンサルティング営業グループ
  担当:小柳・浅妻
  TEL 0258-35-3111

このページの先頭へ