ニュースリリース

2018年6月1日

青木環境事業株式会社とのシンジケートローン契約の締結について

 株式会社北越銀行(頭取 佐藤 勝弥)は、当行をアレンジャーとして、青木環境事業株式会社(本社 新潟市北区島見町3268番地15、代表取締役 青木 俊和様)とシンジケートローン契約を締結いたしましたので下記のとおりお知らせいたします。
 同社は、多種多様な廃棄物の受入を可能とする県内最大級の焼却プラントを保有する廃棄物処理事業者であり、近年においては、太陽光発電や小型風力発電事業にも積極的に参入し、環境負荷の低減に注力しています。
 同社は、廃棄物処理需要の拡大を背景に、平成19年に現在の本社工場内に焼却プラント(1号炉)を設置し廃棄物の焼却処理事業を開始。以降、現在に至るまで、高い稼働率を維持しております。
 本件は、更なる廃棄物処理能力の向上並びに災害発生時等の業務継続性(稼働停止リスクの回避)の確保(BCP)を目的として、同工場内に焼却プラント(2号炉)(以下、「本施設」)を新たに増設するものです。
 また、本施設は、廃棄物の焼却時に発生する廃熱を利用した発電機能を備えており、これにより発電した電力で同工場内の全電力を賄うことに加え、水素ガス製造設備も併設し、余剰電力により精製する水素ガスを同工場内で使用するフォークリフト等の燃料として充当するものであり、廃棄物処理能力の向上を目的とする一方で、廃棄物処理に係るエネルギー使用量の低減を実現するものです(以下、「本事業」)。
 本件は、同社の更なる業容拡大並びに環境負荷の低減にも寄与する本事業に対し、当行がアレンジャー(主幹事)としてシンジケート団(協調融資団)を組成し、金融面から支援するものです。
 当行は、今後も引き続き、環境保全への取り組みを積極的に支援して参ります。

  1. シンジケートローンの概要
    (1) 借入人: 青木環境事業株式会社
    (2) アレンジャー:   株式会社北越銀行
    (3) コ・アレンジャー:   株式会社第四銀行
    (4) 参加金融機関: 株式会社北越銀行
    株式会社第四銀行
    株式会社三菱UFJ銀行
    株式会社大光銀行
    新潟県信用農業協同組合連合会
    (5) 契約形態: 実行可能期間付タームローン契約
    (6) 組成金額: 30億円
    (7) 資金使途: 廃棄物焼却処理発電施設並びに水素ガス製造充填供給設備設置資金
  2. 契約先の概要
    本社所在地 新潟市北区島見町3268番地15 設   立 昭和52年4月15日
    代 表 者 代表取締役 青木 俊和 資 本 金 3,000万円
    売 上 高 20億円(平成29年5月期) 従 業 員 数 95名(平成29年5月末現在)
    事 業 内 容 産業廃棄物の収集運搬・処理、特別管理産業廃棄物の収集運搬・処理、管路・槽等各種施設の清掃、管路内TV調査、改良土(再生土)製造・販売、測定・分析、エネルギー事業
  3. 本施設の概要
    設 置 場 所 新潟市北区島見町3268番地15(新潟市ハイテクポート内)
    設 備 内 容 廃棄物焼却処理発電施設 焼却処理能力 93.6t/日
    発 電 量 604.8万kWh/年
    発 注 先 株式会社タクマ(本社 東京都中央区)
    水素ガス製造充填供給設備 水素ガス製造能力 1㎥/h
    発 注 先 ヤマト・H2Energy Japan株式会社
    (本社 大阪府大阪市淀川区)
以上
【本件に関するお問い合わせ先】
  株式会社 北越銀行
  ソリューション営業部
  担当:堀・木津
  TEL 0258-35-3111

このページの先頭へ