お知らせ

2013年9月19日

NISAの口座開設にあたっての大切なお知らせ

  • 平成26年1月から始まる少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」の口座開設にあたりご注意いただきたい事項についてお知らせします。
  • これから当行に口座開設のお申込みをいただくお客さまをはじめ、既に当行にお申込みをいただいたお客さまもご確認いただきますようお願い申し上げます。
  1. 口座開設の重複申込に関するご注意事項
    • NISA口座は、銀行や証券会社などの全ての金融機関を通じて、1人1口座しか開設できません。
      また、一旦口座を開設すると、現行制度上、平成29年12月31日までは金融機関を変更できません。
      (注) 制度変更により、平成27年1月1日以降は、一定の手続きの下で、1年ごとにNISA口座を開設する金融機関を変更することができます。ただし、金融機関を変更した場合、各年におけるNISA口座での購入は変更後の金融機関のNISA口座においてのみ可能です。また、当行のNISA口座で管理している株式投資信託を、他の金融機関のNISA口座に移管することはできません。
    • 複数の金融機関で重複して申し込まれた場合は、重複して申し込まれたことにより、口座開設までに相当の時間を要する場合があるなど、口座開設手続きが円滑に進まないおそれがございます。また、お客さまが最も希望する金融機関以外でNISA口座が開設された場合も、金融機関の変更ができません。
    • 複数の金融機関に重複して申し込まれた場合には、最も希望する金融機関以外の金融機関に対して、すみやかにお申込みの取り消しをお申し出てください。
  2. NISA口座に関するご注意事項
    • NISA口座の開設には、北越銀行の投資信託口座が必要です。
    • 北越銀行では、NISA口座の対象となる金融商品のうち、税法上の「株式投資信託」のみ取り扱っております。(上場株式・ETF等は取り扱っておりません)
    • NISA口座の非課税枠(年間100万円)は売却した場合でも、その非課税枠の再利用はできません。
      また、年間100万円に満たなかった場合の残りの非課税枠を翌年以降に繰り越すこともできません。
    • NISA口座での損失は税務上ないものとされ、特定口座や一般口座で保有する他の有価証券の売買益や配当金との損益通算ができず、当該損失の繰越控除もできません。
    • 投資信託における元本払戻金(特別分配金)はそもそも非課税であり、NISAの制度上のメリットを享受できません。

※上記内容は、作成時点における法令等にもとづき作成しており、今後変更となる場合がございます。

お問い合わせは、お取引店またはホクギンハローセンターへ
ホクギンハローセンター 0120-86-8922(平日9時~17時)

このページの先頭へ