お知らせ

2016年8月10日

eネットバンキングでお振込取引をご利用のお客様へ
セキュリティに関する重要なお願い

 全国の金融機関でインターネットバンキングの不正送金被害が多発しております。

 不正送金被害のいずれも、ご契約者様ご自身のパソコンで受信したメール通知パスワードが第三者に傍受されたことにより発生したと推測されております。

 つきましては、メール通知パスワードをパソコンで受信されているお客様におかれましては、被害防止のため下記の対策を実施くださいますようお願い申し上げます。


お客様に実施していただきたいセキュリティ対策

①「ワンタイムパスワード機能の利用」

「ワンタイムパスワード」は、パソコンからのログインの際にその都度ご自身のスマートフォンまたは携帯電話のアプリから取得したパスワードにより本人認証を行う機能です。
 パスワードは1分ごとに変化するため第三者が取得しても1分後には無効となります。
 ワンタイムパスワードをご利用の場合は、セキュリティレベルが非常に高くなることから、「メール通知パスワード」入力による認証は不要のため、②記載の対策も必要ありません。
 ワンタイムパスワードの設定方法はこちらをご覧ください。

②「メール通知パスワード」の携帯電話・スマートフォンでの受取り

お使いの携帯電話でワンタイムパスワードの設定ができない機種の場合、振込等のお取引には「メール通知パスワード」の入力が必要です。メール通知パスワードは使い捨てのパスワードで、取引の都度発行され、eネットバンキングご利用手続き時にご登録いただいたメールアドレスで受信します。
 お届けのメールアドレスとしてパソコン、特にYahoo!メールやGメール等のフリーメールを登録されている場合、第三者に不正に取得され、なりすましによる不正送金被害の危険が高くなります。①のワンタイムパスワードの設定が不可能な場合で、メール通知パスワードをパソコンやフリーメールでお受取中の場合、または新たにパソコンを利用してお振込取引を利用される場合は、携帯電話でメール通知パスワードを受信する設定に変更くださいますようお願いいたします。
 メール通知パスワードを携帯電話・スマートフォンでの受信に変更する方法はこちらをご覧ください。

③ OS、ブラウザソフト、ウィルス対策ソフトの適切なご利用について再度ご確認 をお願いいたします。

 特にWindousXPについては、マイクロソフト社のサポートが終了しており、不正アクセス防止のため、インターネットバンキングのご利用をなさらないようお願いいたします。

お問合せ先 eネットバンキングサポートセンター
フリーダイヤル0120-39-6185
(受付時間 平日9:00~24:00/土日祝9:00~17:00)
以上

このページの先頭へ