お知らせ

2016年12月1日

eネットバンキングの振込・振替限度額上限の引下げおよび
今後のセキュリティ強化策実施内容についてお知らせ

 全国的にインターネットバンキングの不正送金被害が多発しています。その多くは、お客さまのパソコンをウィルスに感染させて振込時に必要なパスワードを盗む手口と考えられます。

 こうした状況から、お客さまの大切なご預金が不正に引き出されることを防止するため、平成28年12月19日(月)に、「ワンタイムパスワードのご利用なし」かつ「振込・振替限度額20万円超」のお客さまについて、1日1口座あたりの振込振替限度額の上限を300万円から20万円への引下げを実施いたしますのでお知らせいたします。

 また、平成29年3月までにキーホルダー型のパスワード生成機(トークン)を導入し、平成29年4月にお振込取引をワンタイムパスワードによるログインを必要とするセキュリティ強化策を実施予定です。

 お客さまの大切なご預金をお守りするため、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

1.振込・振替限度額の引下げ

変更後の振込・振替限度額の上限(1日・1口座あたり)

変更後の振込・振替限度額の上限(1日・1口座あたり)

※お振込・お振替(代表口座や利用口座間相互のお振替を含みます)の合計額が振込・振替限度額となります。

※携帯電話はメール通知パスワードを使用せず、i-mode等携帯電話専用の画面で入力し、お振込・お振替される場合。

※振込・振替予約をご利用の場合、振込・振替金額はご依頼日(操作日)の金額に含まれます。

※スマートフォンでのご利用は従来どおり、ワンタイムパスワードによるログインが必要です。

ワンタイムパスワードについては こちら
 設定方法については こちら

ワンタイムパスワードが利用できる機種についてはこちらをごらんください。
 スマートフォンの機種は こちら
 携帯電話の機種は こちら

 お振込・お振替取引が必要なく、残高照会や入出金照会のみにご利用のお客さまは、スマートフォンの簡単な操作でご利用いただける「スマホがホクギン」のアプリをぜひご利用ください。
 スマホがホクギンについては こちら

 20万円を超えるお振込・お振替が必要なお客さまは①ログイン後、「お客さま情報確認変更」画面からワンタイムパスワード設定②ワンタイムパスワード利用開始後に、「振込・振替限度額変更」の手順により必要な限度額をご指定ください(引上げ後の限度額は翌日の反映となります)。


2.今後のセキュリティ強化対策
(1) キーホルダー型のパスワード生成機(トークン)の導入(平成29年3月予定)
 携帯電話をお持ちでない、またはお持ちの携帯電話がワンタイムパスワードの設定ができない機種のお客さまもワンタイムパスワードをご利用いただけるよう、ご希望により、無料でキーホルダー型のパスワード生成機(トークン)を平成29年3月までに導入する予定です。
 トークンのお申込みは、平成29年1月に当行ホームページで受付開始し、必要事項をご入力のうえお申込書を郵送で請求いただき、お申込書ご記入後に返送いただく方法により受付する予定です。受付開始時期、お届け時期等の詳細については当行ホームページ等で改めてご案内申し上げます。
トークン画像
(2) お振込取引にワンタイムパスワードを必須化
 トークンのお届け完了後、平成29年4月中旬頃を目途に、振込、振替および民間企業あての各種料金払い込み(ペイジー)には、お取引金額にかかわらずワンタイムパスワードによるログインを必須とし、ワンタイムパスワードの利用開始登録がお済みでないお客さまは、利用開始登録されるまで間、これらのお取引がご利用いただけなくなります。
 その他のお取引については、従来どおり「ID・パスワード」「確認パスワード」の入力でご利用いただけます。

 お客さまにはご不便をおかけしますが、大切なご預金を不正送金被害からお守りするための対策であり、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 振込・振替限度額引下げ等、セキュリティ強化に関するQ&Aを記載しております。こちらをご覧ください

お問合せ先 eネットバンキングサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-39-6185、平日9:00~24:00/土日祝9:00~17:00)へお問い合わせください。

このページの先頭へ