三大疾病+すべての病気・ケガ保障付き団体信用生命保険

ガン保障

ガン(悪性新生物)と診断されたら、住宅ローンの残高が0円になります。[説明図]

お借入日から91日目以降に、生まれて初めてガン(悪性新生物)に罹患し、医師により診断確定された場合、診断確定時点のローン残高相当額が保険金として当行に支払われ、ローン残高が0円になります。
  • 保障開始日は、お借入日から91日目となります。保障開始日前に罹患したガンは医師による診断確定が保障の開始日以降であっても保障の対象とはなりません。
  • [皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚ガン]および[上皮内新生物(大腸の粘膜内ガン、膀胱や尿路、乳管などの非浸潤ガンを含む)]は保障の対象外となります。

おおよそ2人に1人が「ガン」と診断されています。[説明図]

ステージⅠなら5年生存率が9割以上のガンも![説明図]

■お支払い対象となるガン(悪性新生物)の例
部位 ガン(悪性新生物)の種類
脳・神経 「悪性脳腫瘍」「悪性脊髄腫瘍」など
口腔・鼻・咽頭 「舌ガン」「鼻腔ガン」「咽頭ガン」など
呼吸器及び胸部 「喉頭ガン」「乳ガン」「肺ガン」「気管支ガン」など
消化器 「胃ガン」「食道ガン」「大腸ガン」「直腸ガン」など
肝臓・胆のう・すい臓 「肝臓ガン」「胆のうガン」「すい臓ガン」など
泌尿器 「腎臓ガン」「精巣(睾丸)ガン」「前立腺ガン」「膀胱ガン」など
婦人科 「子宮ガン」「乳ガン」「卵巣ガン」など
皮膚 「皮膚の悪性黒色腫」
骨・筋肉 「骨肉種」「肉腫」など
血液・リンパ 「悪性リンパ腫」「白血病」「多発性骨髄腫」など
内分泌 「甲状腺ガン」「下垂体ガン」など
その他 「原発部位不明のガン」など

ガンおよび死亡・高度障害の保障 引受保険会社:カーディフ生命保険株式会社

脳卒中・急性心筋梗塞保障

脳卒中・急性心筋梗塞で所定の状態(※1)が60日以上継続したら、住宅ローンの残高が0円になります。

ローン残高[説明図]

お借入日から3ヵ月を経過した日の翌日以降に、脳卒中、急性心筋梗塞にかかり、初めて医師の診断を受けた日から、その日を含めて60日以上、所定の状態※1が継続したと医師により診断された場合、診断時点のローン残高相当額が保険金として当行に支払われ、ローン残高が0円になります。
  • 保障開始日前に発病した場合、保障開始日以降に所定の状態※1になっても診断給付金は支払われません。
保障開始日以降に、脳卒中、急性心筋梗塞により就業不能状態※2となった場合、最長2ヵ月間のローン返済額を保障します。
  • 保障開始日前に発生した就業不能状態※2は保障開始日以降継続しても保険金の支払い対象にはなりません。
  • ローン返済日まで就業不能状態※2が継続することが必要です。
  • ローン借入期間を通算して36ヵ月分をお支払い限度といたします。
  • 保障開始日は、お借入日から3ヵ月を経過した日の翌日となります。

三大疾病は、日本人の2人に1人がかかる病気。[グラフ]

脳卒中・急性心筋梗塞の保障 引受保険会社:カーディフ損害保険株式会社

※1 所定の状態とは…… 脳卒中:言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続した場合。
急性心筋梗塞:労働制限を必要とする状態が継続した場合。
※2 就業不能状態とは… 入院または医師の指示による自宅療養等により、本人の経験・能力に応じたいかなる業務にもまったく従事できない状態。

三大疾病以外のすべての病気・ケガ保障

三大疾病以外のすべての病気・ケガも保障します。

ローン残高[説明図]

保障開始日以降に、3大疾病以外の病気やケガで就業不能状態となり、
(I) 就業不能状態が継続した場合、就業不能状態である期間中のローン返済額を最長12ヵ月間お支払いたします。
 
  • ローン返済日まで就業不能状態が継続することが必要です。
  • ローン借入期間を通算して36ヵ月分をお支払い限度とします。
(II) 就業不能状態が12ヵ月間継続した場合、12ヵ月経過時点のローン残高相当額をお支払いいたします。
 
  • 保障開始日は、お借入日から3ヵ月を経過した日の翌日となります。
  • 保障開始日前に発生した就業不能状態は、保障開始日以降継続しても保険金の支払い対象にはなりません。

インフルエンザやノロウイルスなど身近な病気も保障の対象に![カレンダー(例)]

※ 就業不能状態とは… 入院または医師の指示による自宅療養等により、本人の経験・能力に応じたいかなる業務にもまったく従事できない状態。

■保険金をお支払できない主な場合
被保険者が次の①~⑪のいずれかにより就業不能状態に該当したときは、保険金をお支払できません。
  被保険者および保険金を受け取るべき者の故意または重大な過失
  被保険者の犯罪行為
  被保険者の精神障害(注)
  被保険者の泥酔の状態を原因とする事故
  被保険者が法令に定める運転資格を持たないで運転をしている間に生じた事故
  被保険者が法令に定める酒気帯び運転またはこれに相当する運転をしている間に生じた事故
  被保険者の薬物依存
  被保険者の妊娠・出産(妊娠に伴う合併症・異常分娩などは保障される場合があります)
  頸部症候群(いわゆる「むち打ち症」)または腰痛でいずれも医学的他覚所見のないもの(原因の如何を問いません)
  地震、噴火または津波
  戦争その他の変乱
(注)精神障害の例
・アルツハイマー(Alzheimer)病の認知症
・血管性認知症
・他に分類されるその他の疾患の認知症
・詳細不明の認知症
・器質性健忘症候群、アルコールその他の精神作用物質によらないもの
・せん妄、アルコールその他の精神作用物質によらないもの
・脳の損傷および機能不全ならびに身体疾患によるその他の精神障害
・脳の疾患、損傷および機能不全による人格および行動の障害
・詳細不明の器質性または症状性精神障害
・アルコール使用(飲酒)による精神および行動の障害
・アヘン類使用による精神および行動の障害
・大麻類使用による精神および行動の障害
・鎮静剤または催眠薬使用による精神および行動の障害
・コカイン使用による精神および行動の障害
・カフェインを含むその他の精神刺激薬使用による精神および行動の障害
・幻覚薬使用による精神および行動の障害
・タバコ使用(喫煙)による精神および行動の障害
・揮発性溶剤使用による精神および行動の障害
・多剤使用およびその他の精神作用物質使用による精神および行動の障害
・統合失調症
・統合失調症型障害
・持続性妄想性障害
・急性一過性精神病性障害
・感応性妄想性障害
・統合失調感情障害
・その他の非器質性精神病性障害
・詳細不明の非器質性精神病
・躁病エピソード
・双極性感情障害(躁うつ病)
・うつ病エピソード
・反復性うつ病性障害
・持続性気分(感情)障害
・その他の気分(感情)障害
・詳細不明の気分(感情)障害
・解離性(転換性)障害
・身体表現性障害
・産じょく(褥)に関連した精神および行動の障害、他に分類されないもの
・広汎性発達障害
・精神障害、詳細不明

特定疾病及び重度慢性疾患保障対象外特約 引受保険会社:カーディフ損害保険株式会社

ガン先進医療保障

ガン先進医療の自己負担金を1回の療養につき最大500万円、通算最大1,000万円まで保障します。

ローン残高[説明図]

お借入日から91日以降に、生まれて初めてガンに罹患し診断確定され、所定の先進医療を受けた時、技術料と同額(1回の療養につき500万円、通算1,000万円を限度)をお支払いします。(陽子線治療など、公的医療機関では対象とならない高額な治療に備えることができます)。
  • ローンご契約者がガンに罹患したことで、ローンが完済となり、保険契約が終了した後でも、ガン診断確定日から1年の間にそのガンを直接の原因として先進医療を受けた場合は、給付金をお支払いします
  • 保障開始日は、お借入日から91日目となります。保障開始日前に罹患したガンは医師による診断確定が保障の開始日以降であっても保障の対象となりません
  • 次の費用は対象外です。●公的医療保険制度に基づき給付の対象となる費用(自己負担分を含む)●先進医療以外の評価療養のための費用、選定療養のための費用、食事療養のための費用、生活療養のための費用など、先進医療に係る技術料以外の費用
  • 同一被保険者につき1口のみご加入できます。
■先進医療とは?

先進医療とは、厚生労働大臣が定める医療技術で、医療技術ごとに適応症(対象となる疾患・症状等)および実施する医療機関が限定されています。
また、厚生労働大臣が認める医療技術・適応症・実施する医療機関は随時見直されます。

  • 厚生労働大臣が定める先進医療および先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院、診療所は、随時見直しされるため、療養を受けた日時点で該当しない場合は、給付金のお支払い対象にはなりません。

■先進医療に係る費用は通常、全額自己負担

先進医療を受けた時の費用は、「先進医療に係る費用(技術料)」と一般の保険診療と共通する費用(診察・検査・投薬・入院料等)に分けられます。「先進医療に係る費用(技術料)」は通常、患者が自己負担することになります。

ガン先進医療の実例[表]

ガン先進医療特約 引受保険会社:カーディフ生命保険株式会社

上皮内ガン・皮膚ガン保障

上皮内ガン・皮膚ガンと診断されたら、保険金額30万円をお支払します。

お借入日から91日以降に、①上皮内ガンに罹患し診断確定された時、または②生まれて初めて皮膚ガン(皮膚の悪性黒色腫を除く)に罹患し、医師によって診断確定された時、保険金30万円をお支払いします。【お支払いはお借入期間を通じて1回のみです】
  • 保障開始日は、お借入日から91日目となります。保障開始日前に罹患した上皮内ガン・皮膚ガンは医師による診断確定が保障の開始以降であっても保障の対象となりません
  • 保障開始日前に生じた上皮内ガンを原因として診断確定を受けた場合でも、保障開始日からその日を含めて2年を経過した後に診断確定を受けた時は、その診断確定は保障開始日以後の原因によるものとみなし、お支払いします。
  • 同一被保険者につき1口のみご加入できます。

「ガン(悪性新生物)」と「上皮内ガン」は区別されている。[説明図]

■なぜこれまで「対象外」だったの?

上皮内ガン(大腸の粘膜内ガン、膀胱や尿路・乳管等の非浸潤ガンを含む)および皮膚ガン(皮膚の悪性黒色腫を除く)は、切除して完治することの多いガンです。ですから、ガンが他に転移したり、長期的な治療となることも少ないため、これまで保障の対象となっていませんでしたが、ホクギンの住宅ローンはこれらのガンも保障の対象とし、すべてのガンに保障範囲を拡大しました

ガン先進医療の実例[表]

上皮内ガン・皮膚ガン保障特約 引受保険会社:カーディフ生命保険株式会社

ファミリー交通傷害

ご本人およびご家族が交通事故による傷害で入院した場合、1日2,000円をお支払いします。

ご本人およびご家族(配偶者および生計を共にする同居の親族)が交通事故による傷害により入院した場合に1日2,500円×入院日数分(180日が限度)の保険金をお支払いします。
次の傷害により入院した場合に保険金をお支払いします。
  • 乗り物との衝突、接触などによる傷害
  • 乗り物との衝突、火災などによるケガ
  • 駅改札内での転倒などによる傷害
  • 道路での工事用車両との接触や工事用車両の衝突、火災などによる傷害
保障の対象となる「家族」とは…傷害の原因となった事故発生時における、次の続柄の方
①配偶者
②本人または配偶者と生計を共にする同居の親族
③本人または配偶者と生計を共にする別居の未婚の子
「乗り物」とは、交通のために使用される自動車、自転車、電車、航空機、船舶などのほか、ロープウェー、ボート、エレベーター、エスカレーター、ベビーカー、車椅子なども含みます。
保険金の支払いには制限条件があります。ご加入にあたっては「被保険者のしおり」に記載の「契約概要」「注意喚起情報」をよく読み、保障内容や保険金が支払われない場合等の不利益事項をご確認ください。

交通事故傷害保険 引受保険会社:カーディフ損害保険株式会社

リビングニーズ

余命6ヵ月以内と判断されたら、住宅ローン残高が0円になります。

ローン返済期間中に、医師の診断をもとに保険会社により余命6ヵ月以内と判断された場合、保険金をお支払いし、ローン残高を保障します。
  • 保障開始日は、お借入日となります。

リビングニーズの保障 引受保険会社:カーディフ生命保険株式会社

詳しくはホクギンの窓口またはホクギンハローセンター

0120-86-8922(フリーダイヤル ハローホクエツ)

受付時間/ 9:00~17:00(ただし銀行休業日を除く)

このページの先頭へ