確定拠出年金のご案内

確定拠出年金のメリット・デメリット

企業の導入メリット

  1. 運用リスクを負わない
    • 後発債務(追加拠出)からの解放
    • 本業とは関係のない要因(運用環境の悪化等)により収益が圧迫されることはない。
    • PBO(退職給付債務)の圧縮
    • 人件費管理が容易(当初約束した金額を拠出すればよい)
  2. 既存企業年金に比べ運営負担が小さい (難しい年金数理計算や財政検証は不要)
  3. 優秀な人材の中途採用が行いやすい
  4. 税制の恩典

企業の導入デメリット

  • 従業員への投資教育が必要。

個人の加入メリット

  1. 自分の持ち分(残高)が明確になる。
  2. 離・転職時に年金資産の持ち運びができる (ポータビリティー)
  3. 運用次第で多額の給付が受けられる
  4. 公的年金受給(65歳)までの収入確保
  5. 会社の年金財政の悪化を気にしなくてもすむ (将来本当に貰えるんだろうか…)
  6. 税制の恩典

個人の加入デメリット

  • 運用リスクを負う(自己責任の原則)
  • 退職時の給付が確定していない
  • 原則60歳まで受給(引出し)できない(離・転職時にポータビリティはあるが、換金はできない)
このページの先頭へ