• ホーム
  • 確定拠出年金のご案内

確定拠出年金のご案内

確定拠出年金

 確定拠出年金は、掛金を企業が拠出する『企業型』と、個人が拠出する『個人型』の2種類からなり、加入者が自分で運用商品を選択し、その運用成果によって受け取り額が決まるという新しいタイプの年金制度です。従来の年金制度を補完する制度として、期待されています。

現行制度と確定拠出年金の位置づけ

 確定拠出年金は公的年金(国民年金・厚生年金)ではありません。
企業や個人が公的年金に上乗せした年金が必要と考える場合の新たな選択肢の一つです。

現行制度と確定拠出年金の位置づけ図

※1 規約で個人型への加入を認めている場合は個人型の加入も可能(拠出限度額 年間24万円)
※2 ※1以外の場合においても個人型の加入が可能(拠出限度額 年間14万4千円)

 国民年金は日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者は全員対象(強制)になっています。
 サラリーマンであれば、会社勤めをすると同時に1階部分の国民年金と2階部分の厚生年金(公務員は旧共済年金)にも加入することになります。
 自営業者等は国民年金の他に強制的に加入する公的年金はありません。(自営業者等は任意で国民年金基金に加入できます。)

このページの先頭へ