ニュースリリース

2019年1月29日

「新潟県地域活性化雇用創造プロジェクト」融資利子補給制度を活用した融資の取扱について

 株式会社北越銀行(頭取 佐藤 勝弥)は、新潟県が推進する「地域活性化雇用創造プロジェクト(厚生労働省所管事業)」の指定金融機関として、株式会社システムスクエア(本社:長岡市新産3丁目5番地2、代表取締役 山田清貴 様)に対し、融資利子補給制度を活用した新社屋の建設資金融資を行いましたので、下記のとおりお知らせいたします。
株式会社システムスクエアは、「食の安全」を目指し、主に食品メーカーの工場ラインに設置する異物検査機(金属検出機、X線検査装置、かみこみ検査機)を開発・製造しております。当社は第34回新潟県経済振興賞を受賞するなど、雇用創出や新規事業の研究・開発にて県内経済の発展に貢献した企業として高く評価されており、本設備投資によって、「AI・IoTを活用した製品」の開発・製造を強化し、生産性の改善や技術者等の雇用創出を図るものです。
当行は、今後の地域経済牽引事業の担い手となる「地域未来牽引企業」に対し金融面から支援するとともに、行政機関との連携により新たな付加価値と雇用創出に係る取り組みを積極的に支援し、地域経済の発展・活性化に貢献して参ります。

 

  1. 融資先の概要
    企 業 名 株式会社システムスクエア
    所 在 地 長岡市新産3丁目5番地2
    設  立 1989年4月1日
    資 本 金 4,000万円
    売 上 高 33億円(2018年3月期)
    事業内容

    ・業務用機械器具製造

    ・国内・海外に向けた、食品・医薬品用の異物検査機(金属検出器・X線検査装置、かみこみ検査機)製造業

    ・国内営業所14カ所、海外代理店12カ国


    新工場外観イメージ図
    <新工場外観イメージ図>
  2. 新潟県地域活性化雇用創造プロジェクトとは

    (1)成長分野に重点を置いた産業政策や県の強み・優位性を活かした地域産業の活性化を図り、安定した新たな雇用を創出するため、新潟県が推進しているプロジェクトです。

    (2)当行は、本プロジェクトに係る指定金融機関として厚生労働大臣の指定を受けています。これにより当行は、本プロジェクトに参加する等一定の要件を満たし、雇用創造を図る事業者に対する融資について、最大1.0%、最長5年間の金利負担を軽減した資金対応が可能となります。


    <参考>
    対象事業分野 生活創造産業分野
    (食品・金属製品・繊維等)
    先端技術産業分野
    (自動車・航空機・医療・情報通信)
    目  的 地域資源や伝統・文化を基盤とした「ものづくり」の技能が集積している産業分野において、市場競争力・対応力の強化を図る。 先端的な知識に裏付けされた高度な技術を基盤とする産業分野において、次世代を担う産業群の創出を図る。
    具体的な取組

    ○健康ビジネス付加価値向上支援

    ○関西圏を中心とした西日本への食のマーケティング・販路拡大支援

    ○地場産業の中長期的発展支援

    ○航空機産業への参入促進

    ○次世代自動車産業の振興

    ○医療機器産業の事業化支援

    ○AI・IoT等高度技術の導入推進

以上
【本件に関するお問い合わせ先】
  株式会社 北越銀行
  ソリューション営業部
  地方創生戦略チーム
  担当:間野・藤澤
  TEL 0258-35-3111

このページの先頭へ