お知らせ

2014年2月13日

【重要】インターネットバンキングの不正利用にご注意ください

最近、スパイウェアや不正なメールなどにより、お客さまのパスワードや暗証番号が不正に取得され、不正取引が行われる事例が発生し問題となっています。
当行のインターネットバンキングは各種セキュリティ対策により、不正取引の防止に万全を期しておりますが、不正取引の手口が巧妙化していることからご利用のお客さまにおかれましても、以下の点にご注意いただきますようお願い申し上げます。

取引確認の電子メールの受信先として携帯電話など、ご利用者様が占有するのアドレスを設定してください(フリーメールなどは受信先としての設定を行わないでください)。
ネットカフェ等、お客さまが管理するパソコン以外からは利用しないでください。
ご利用のパソコンのセキュリティソフト等は、常に最新版にアップデートしてください。
心あたりのないメールに記載されているURLのクリックや、添付ファイルの開封は絶対におこなわないでください。
当行ホームページ経由以外からのログインを避け、当行を装ったメールに記載されているURL等を経由して、ログインIDやパスワード等を入力することは絶対におこなわないでください。
インターネットバンキングのご利用にあたっては類推されやすいパスワードを避け、定期的なパスワードの変更、ソフトウェアキーボードをご利用いただくことをお勧めします。

なお、不審なメール・サイト等を発見した場合や身に覚えのないお取り引きがある場合は、
ホクギンハローセンター(0120-86-8922)までご連絡ください。

このページの先頭へ