お知らせ

2014年5月19日

セキュリティ強化の実施についてご案内
~「リスクベース認証」と「ワンタイムパスワード」~

 北越銀行では、全国規模で急増しているインターネットバンキングを悪用した不正送金への対応として、平成26年6月2日(月)から、新しいセキュリティ機能「リスクベース認証」「ワンタイムパスワード」を導入いたします。



  1. 1.リスクベース認証 (「合い言葉」による追加本人確認 )
  2. (1) リスクベース認証とは、Web-HOTに ログインする際のアクセス環境(IPアドレスや使用ブラウザなど)をシステムで分析し、通常と異なるアクセス環境と判断した場合「秘密の質問」「合い言葉」による追加の本人確認を行う機能です。

    リスクベース認証の説明図

    (2) 本機能はすべてのWeb-HOT利用者様に一律に導入させていただきます(手数料は無料)。
    平成26年6月2日(月)以降、最初にWeb-HOTにログインいただいた際に「秘密の質問」「合い言葉」をご登録いただきます。
    (3) 操作方法など、詳細につきましては以下のご案内をご覧ください。
     
    リスクベース認証の操作方法等については、こちらをご覧ください。(5月23日更新)

  3. 2.ワンタイムパスワード (携帯電話等で取得する使い捨てパスワードによる本人確認)
  4. (1) ワンタイムパスワードは、あらかじめ携帯電話・スマートフォンにインストールいただいたアプリに表示される使い捨てのパスワードです。また、表示されるパスワードは1分毎に変更 されます。
    (2) ログイン時に携帯電話等を所持していなければログインできません。また、万一、ワンタイムパスワードが流出した場合でも1分後には無効となっているため、不正取引の発生防止に高い効果が見込まれます。

    ワンタイムパスワードの説明図

    (3) ワンタイムパスワード機能をご利用いただくには、お申込書によるお申込が必要となります(手数料は無料)。
    (4) お申込方法や操作方法など、詳細につきましては以下のご案内をご覧ください。
     
    ワンタイムパスワードのお申込方法や操作方法等については、こちらをご覧ください。(5月23日更新)

  5. <ご参考>
  6.  5月7日(水)から実施している都度指定方式での「当日扱い」の振込・振替の停止ならびに6月2日(月)から実施する上記の機能追加によるWeb-HOTのセキュリティ対策は次のような状況となっております。

    セキュリティ対策の内容
    ログイン時 ログイン時に以下の方法で本人確認を行っております
    ID・パスワード(一律) 6~12桁のパスワード
    電子証明書(任意) 使用するパソコンを特定
    リスクベース認証(一律) 「合い言葉」による追加本人確認
    ワンタイムパスワード(任意) 携帯電話等で取得する使い捨てパスワード
    取引時 全国で発生している不正取引で被害が発生している「当日扱いの都度指定方式の振込」を一律停止させていただいております。
      当日扱い 予約扱い
    都度指定方式 ×一律停止 △平日8:45~17:00のみ可能
    (土日祝日の取扱不可)
    事前登録方式 ○取扱可 ○平日・土日祝日24時間可能
    ※「予約扱いの都度指定方式の振込」はお客様からのお申し出により停止することが可能です。
    取引後 ログイン履歴・取引通知メールの確認による不正取引の早期発見
    その他 EV-SSL証明書による真正サイトの確認 セキュリティソフト「SaAT Netizen」(サートネチズン)の無料配布
以上

このページの先頭へ